Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
RECOMMEND
I LOVE U
I LOVE U (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,Kazutoshi Sakurai,Takeshi Kobayashi
RECOMMEND
四次元 Four Dimensions
四次元 Four Dimensions (JUGEMレビュー »)
Mr.Children, 桜井和寿, 小林武史
RECOMMEND
人生、苦もありゃ野球があるさ~punkプロ野球応援歌~
人生、苦もありゃ野球があるさ~punkプロ野球応援歌~ (JUGEMレビュー »)
快音団
ハマスタで流れています。
かっちょいいよ!
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS



ニシエヒガシエ

<< テレビ〜テレビ〜♪ | main | 男前復活! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
か、かわええ・・・
この子をかわいいとは思ったことないんですが、やべぇ、赤星クン。
正宗になりてぇ〜って本気で思っちゃったもんね!
ほんとはトラバやりたいけど、恥ずかしいのでやめます。
皆さん見てやってください
できることならば、あんたにもスポーツマンNO.1決定戦に出てほしかった。
前回の『リストバンドの呪い』のリベンジを果たすために・・・

-----------------------------

『プレーバック・アテネ』体操編やってました〜よ!
で、改めて見ていたんです。
実はhi実況のほうが臨場感が伝わってきたんじゃ・・・とか思う実況でした。

ゆか。
Y字バランスきれいだな〜ナカーノさん。
ポール・ハムと比べるとわかるけど足の上がっている角度がじぇ〜んじぇん違いますから!さすがバレエで鍛えただけあるってもんさ。
ハムに〜やんはスピーディーでダイナミックダイ○マなんだけども、
少々荒削りな気がいたします候。
ゆかとかあん馬見てると、ぜひともブレイクダンスやってくださいよ!と言いたくなる。
ストリートダンスなんかいかがっすかぁ〜?

あん馬。
やっぱりカシは足長え!
ここでおかん一言。
「やっぱり桧山君にしか見えないわ。あんた鹿島君好きでしょ?」
わたし「へへへ。ま〜ね」とかわす。
トミあん馬カットで凹む(´・ω・`)ショボーン

つり輪。
トミ髪短え!!
わたし、トミのつり輪の着地が好きなんですよ。なんてーの?あの、伸身ダブルってやつ。なめらか〜に着地するトミ。あんた最高。
王子演技終了後のパパ・ママの嬉しそうなことこの上なし映像に笑う。

跳馬。
スーパーダイジェストで終わる。トミ神着地萌え!!

平行棒。
@サプリッ!だかさんまの番組に出たときのカシ紹介VTRがあん馬じゃなくて平行棒だったなぁと思い出す。スタッフは通なのか、それとも策略なのか。
そんなこと思ってたら終わっていた・・・

鉄棒。
ルーマニア演技中、スタンドのゲートの所ではしゃいでる女が色々うるさかった。
日本チームの演技は言うに及ばず。
カシの終わった後の安堵感いっぱいの表情に苦闘の跡がうかがえた。

やり遂げました!カシ!


栄光の架け橋!トミ!


悲願の金メダル!ヨネさん!


一家のヒーローだよ!トリィ!


あんたはほんと神だトミ(2回目)

テンション上がって思わず携帯でパパラッチしちゃったさ。
| 個人的嗜好 | 19:47 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:47 | - | - |
本放送を見た時に(その時は鉄棒しか見られなかったんですけど)、鉄棒終了後のカシの何とも言えない表情を初めて見て、それがどうにも脳裏に焼きついてて。
で、それを昨日また見ることが出来てほんとよかったです!
ヨネさんのアップ顔は、「もう覚悟を決めたぜ」って感じでいいですね。
またあの大舞台で活躍している姿をみたいなぁ、と思います。
| usc@管理人 | 2004/12/17 1:49 PM |
プレイバックアテネ男子体操
再放送までしてくれてうれしい。
わたくし的には米田さん鉄棒の演技に入る時の顔アップ!
うつむいて、ため息ついて、上見て鉄棒に。。
あの真剣な表情とため息。。
解説 はじめ馴染めなかったけど。。慣れましたね。

| まだむ | 2004/12/17 3:13 AM |









http://usc52th.jugem.jp/trackback/131